多くの創業融資を成功させ、神奈川でここまでたどり着きました

本物の融資コンサルタントになるまで

私は開業したてのころ、小さな建設業者の顧問でした。

経営陣は私と同じ年代で、彼らの働く姿は羨ましいほどでした。

彼等は創業間もなく、回収サイトが月末締めの翌々月回収だったため、資金繰りに悩みました。

私は彼らを助けたかった。単身、某信用金庫の窓口に交渉に行きました。

当時は公的融資のことなんて解かりません。さっぱり解かりません。

無残なものでした。

最後は、金融斡旋業者と同じ扱いを受け、「脅し文句」を言われて、退散させられました。

悔しかった。情けなかった。

その後、ラーメン店の顧問になりました。

顧問に就任した当時、その経営者は、前年度の確定申告のミスで、多額の税金を請求され、日々督促状が送られてきました。

私は、それが確定申告のミスだと気付き、100万円近い税金をその経営者を通して、削減に成功しました。

その後、そのときの資金繰りの問題で、その店は経営がピンチになりました。

なんとか乗り越えられましたが、念のため公的融資を申し込みました。

日本政策金融公庫でした。結果は散々でした。

最初は、物を知らなかったので、代表者と一緒に国民生活金融公庫(現在の日本政策金融公庫)に申し込みに行きました。

その際もやはり、公的融資に無知だったことが原因でした。

その後、私は今の事務所に移転するために、事業資金の調達を目指して横浜商工会議所に「マル経融資」を申し込みました。

確定申告書を提出すると、散々ひどく言われました。

理由は、当時は会社員と兼業で仕事をしていたため、売上げが低かったのです。

肩を落としました。情けないと思いました。

しかし、決心しました。 自分で国民生活金融公庫に行き、熱く自分の事業プランを資料付きで語りました。

そして成功しました。特別利率です。しかし、残念ながら保証人に取られました。

でも、今では無保証人にする自信があります。それと同時に、横浜市の助成金で、事務所の家賃も6ヶ月補助してもらえることになりました。

横浜商工会議所に散々ひどく言われた私の事業プランは、国民生活金融公庫(現在の日本政策金融公庫)では評価されたのです。

私は、その後、自分の経験を活かし、融資コンサルタントとしての実績を積み、多くの公的融資を成功させ、ここまで辿り着きました。

本物の融資コンサルタントは、殆どいません。私は、私以外の本物を知らない。見たことがありません。 事実、2年前、私がお客様と一緒に横浜産業振興公社に赴いたとき、担当者に、「あなたのようなコンサルタントは初めて見ました」とはっきり言われました。
事前相談受付中!あなたの思いをお聞かせください。 お問い合わせはこちらから
実績・実例を見る

融資に関するトピックス

創業融資特化行政書士 山田行展

成功率が90%以下のコンサルタントは、未だに「運任せ」に過ぎません。
残りの10%以上のお客様からいずれ、手痛いダメージを受け、いずれこの業種から手を引くことになるでしょう。
それ以下は、偶然成功しただけで、必然じゃないのですよ。
創業融資が下りた時のお客様の喜びの声を聞くのは、何度体験しても嬉しいものです。この嬉しさを私と一緒に味わいましょう。

当事務所のご紹介

・JR関内駅北口より徒歩10分、南口より徒歩12分
・みなとみらい線馬車道駅5番出口又は7番出口より徒歩8分
・横浜市営地下鉄関内駅1番出口より徒歩7分

平日10:00~18:00 土曜14:00~18:00 0120-777-622 携帯・PHSからは045-226-2395