当事務所の最新日誌のカテゴリー別ページです

公庫0円のベビー用品の輸入販売業者900万円成功


 神奈川県の政策公庫で融資を失敗したといって

慌てて駆け込んできたお客様がいました。

 

資本金は100万円で、

1)創業融資が得意とHPで謳っている、

世田谷の税理士さんに顧問契約を依頼したら、会社設立専門の行政書士と融資コンサルタントを名乗る

無資格の元銀行員を紹介してもらったそうです。

 

無資格の元銀行員の融資コンサルタントの成功報酬は8%だったそうです。

 

政策金融公庫に書類を出し、面談したら

数日後、見事に0円回答をもらってしまったそうです。

 

2)お客様とお会いして、お話を伺いました。

 

私「無理。融資資格がない。0円は当然です。大変なコンサルタント集団に

引っかかってしまいましたね」

 

代表者「どうにかなりませんか!?取引先が待っているんです!」

 

私「現在、資本金はいくら残っていますか?」

代表者「10万円も残っていません・・・」

私「・・・うーん・・・」

 

私「約束はできないけど、この条件をクリアしていただければ、融資資格ができるので、

銀行に申し込んでみましょう。900万円でいいですか?」

 

代表者「はい!公庫では500万円申し込んで0円だったので、900万円なら最高です!!

    でも、手持ち10万円で900万円て可能なんですか!?・・・」

 

私「貴方が唯一、ラッキーだったのは、創業地が*****だったことです。******なら可能性がある!」

 

3)先日8月末

代表者「無事900万円満額成功しました!先生のおかげです!ありがとうございました!」

 

4)コメント

はっきり言うと、その「エセ創業融資が得意なコンサルタント」は、代表者がどういう状態かを確認するべきでした。

次に、100万円の資本金で公庫で500万円というのは、かなり厳しいです。

そのためには、代表者の財政状況が重要ですが、その状態ではありませんでした。

明らかに、銀行融資のほうが有利なケースです。

せめて資本金が70万円でも残っていれば、1,000万円狙えたのですがね・・・。

 

まあ、代表者を救えてよかった!!ぎりぎり間に合った!!

今回のひとことでしたw^^w

 

某信用金庫の失態(笑える


先日創業をお手伝いしたお客様がいて、

創業融資を依頼されていたのですが、

ある事情から、創業後6か月は経たないと辛いと判断し、

じっくり説明していた筈でした。

 

その後、創業後3か月も経たないうちに、

多分、うちに対抗しようとした税理士の紹介で、

某信用金庫の担当者から創業融資をさせてください、と

その代表者に打診があったそうです。

そのとき、代表者は私に電話で言いました。

「あんたなんかにもう頼まないよ。信金はあんたなんかより自分が確実だと言っていたよw」

 

私はこのとき、

某信用金庫は失敗するだろうけど、

代表者の方は強気だなーと呆れていました。

 

で、やっぱり失敗したと連絡が来て、

私にアドバイスをしてほしいといったので

こう答えました。

 

「私、その融資、無関係だから」

 

あれだけ、「ある事情」は致命的だから、待ちなさいと言ったのになー。。

 

私の成功の可能性は?

成功しますね!

代表者は、信用金庫と1,000万円!とか夢を見ていたみたいですが、

私なら、500万円前後なら成功する!

 

なぜ?

 

私は、「ある事情」をクリアして、すでに融資資格を確認していたからw

 

成功が見えているのに断る理由ですが、

融資コンサルタント業務は信頼です。

特に私は、成功するまで一切報酬をもらいません。

完全成功報酬です。

このように、信金から誘いがあったというだけで、私に対する態度を豹変するお客様は、

報酬の請求時に絶対にトラブります。

そして、いずれ、私と付き合いのある金融機関の信頼を踏みにじることが

予想できるからです。

 

お金じゃない。

信頼です。

それが融資コンサルティング業務です。

塗装業者600万円成功


終わりました^^

塗装業者600万円の融資、無事終了ですw

代表者の住所が途中で移転したりして、

少し手間取りましたが、

夏の暑い中、疲れ果てながら成功です。

 

暑い、休みたい。

でも、休めない・・・><

カスタムバイクの整備業350万円成功


終わりました^^

 

趣味性のかなり高いカスタムバイクの整備業者の

創業融資です。

 

希望通り350万円ですw

 

まあ、楽勝ですねw

名ばかり経営者・・・お断りしました


先日、

当事務所に融資の相談の電話がきました。

男性の声で、本日打ち合わせになりました。

本日、

いきなり女性の方がいらっしゃいました。

代表者だと名乗られました。

「え?、電話の方はどなたですか?」

「知り合いです」

「は?・・・まあ、取り敢えずお話をお聞きしましょうか」

・・・・・

「えーと、そこそこ長く経営していて、ご自分の会社の許認可状況がわからない?」

「知り合いに聞いてください」

・・・・・・

「ごめんなさい。お断りします」

 

名ばかり経営者の方は、残念ですが、論外です。

なんというか、時間の無駄でした・・・。

リフォームの個人事業、創業融資900万円成功


神奈川県の事例です。

リフォームの個人事業、

自己資金300万円、

創業融資900万円成功です^^V

 

この方は、

会社を設立しないと、創業融資を受けられないと

他のコンサルタントに云われ、当事務所に相談に来ました。

 

無事成功です。

 

私は、そのネットに蔓延している、「会社設立しないと・・・創業融資が・・・」

という阿呆な情報のことを、

「会社設立しないと呪縛」

と呼んでいます。

 

ほんと、困りますよね^^(苦笑)

とび・土工工事業、創業融資1,100万円成功、資本金150万円


無事1,100万円成功しました!

今回のケースは、会社の設立前に事前相談しに来てくれたので、

本当に助かりました。

だから、勝てました。

他の事務所で会社設立だけして、当事務所に融資のコンサルタント依頼にきてたら、

失敗していました。

(どうやら、知り合いに会社設立業者を紹介してもらう予定だったそうです・・・)

 

理由は、

代表者から個人情報を取得したとき、

「うげえっ!!(車田正美先生風)」と思わず、うめいてしまいました。

 

やっべえ!

これで会社設立して、融資申し込んでたら、

絶対、アウトだこれ!!><

 

「ありがとう、ほかの業者に事前相談しないで直接うちに来てくれてありがとう!(涙)」

すぐに、創業融資上の問題点を指摘しました。

 

あなたの場合は、

まだ会社を作ってはいけない!

会社を作る前に、2つのハードルをクリアして欲しい!!

 

かなり高いハードルでしたが、無事クリアして、当事務所に再度来所していただけました。

 

「バッチリ!(^^、勝ちましょう!

山田は、コックローチより強力です!」

 

・・・・

結果

無事満額成功です(^^V

 

まあ、こんなものですw

 

これから、公的融資機関が夏休みに入る時期が来ました。

審査に遅延が出てきます。

みなさん、余裕をもって、資金繰りを考えていきましょう。

うちの手法を真似して見事失敗した税理士・司法書士・元銀行員の事例


本日、あきれ果てた事例が来ました。

 

東京都の方で、

会社を川崎で作って政策金融公庫で融資を受けようとしたそうです。

 

そして、見事に失敗したそうです。

 

詳しく聞くと、あきれ果てました。

1)東京都の税理士で創業に強いとHPに記載

2)その提携司法書士

3)その提携元銀行員の無資格コンサルタント

 

税理士が、資本金を200万円にするように指導し、

1)元銀行員の無資格融資コンサルタントを紹介。

2)無資格融資コンサルタントは、川崎で創業すると融資を受けやすい

(どうやら、当事務所のコンサル事例を利用したらしい)といい、

川崎市内での設立を要請。

事業計画書が重要だと言って事業計画を作成。

3) 1)2)の計画をもとに、何も考えずに司法書士が設立。

4)政策金融公庫に申し込み。

5)融資失敗

6)当事務所に慌てて駆け込み。

 

もうやめてくれ!!><

 

本日面談しました。

その結果、

「論外」

いやー、素人さんは怖いね~~。

 

失敗して当たり前じゃん!!

 

理由を話したら、その方は、期待させてしまった取引先に申し訳ないといって、

消えてしまいそうになってしまいました。

 

困ったもんだ!!

 

だけどね、この融資、やりようによっては、なんとかなるんだよね・・・。

司法書士や税理士が、しっかり確認していれば、融資資格ができたんだよね・・・><

元銀行員のコンサルタントとか、報酬額10%って、なにそれ><

いやだねーーー!!

 

頼むから、初めからうちの事務所に来いよ!!

 

日本政策金融公庫との提携業者と記載しているHPの危険性に関して


最近、

Yahoo!等の検索サイトのスポンサーに、

「日本政策金融公庫との提携!」と記載のある業者を見かけます。

 

はっきり言います。

 

嘘です。

又は、その広告の存在が知られた時点で提携が解消されます。

 

本当のことを言います。

日本政策金融公庫の提携業者は、提携と名乗ることを禁止されています。

 

当然です。

だって、「公庫」なんですよ!

「提携」とか「当事務所で紹介すると有利」とか

そんなこと記載していたら、

「公庫」がその業者と「癒着していると勘違いされる!」に決まっているじゃないですか!!

 

馬鹿かそいつは!!><

 

だから、「提携」とか「協力」なんて記載しちゃいけないに決まってるでしょ!

 

仮に本当に、公庫と「提携」又は「協力」していたら、それこそHPで声高々に謳いあげません><

当たり前でしょ!!

まずいでしょ、それ!!

 

嘘に引っかからないでください(^^ノ。

 

本当の公庫の提携業者は、「提携している」なんて絶対!

不特定多数の人間が目にしているHPに書きません!!(キッパリ)

ソフトウェア開発費用1,000万円成功


大変でした。

ソフトウェア開発費用1,000万円成功です。

 

1)創業1年未満ですが、

2)一応第1期の決算を

迎えていたのですが、売上高が・・・・100万円未満・・・><

 

さて!

 

そもそも

1)この融資に助力する価値があるか

2)ソフトウェアに市場性があるか

3)社会的に貢献できるソフトウェアか

4)開発可能性があるか

5)新たな雇用を生み出すか

6)投下資金の回収可能性はあるのか

etc.

売上高が低いということは、

何かの利点を前面に押し出す必要があります。

 

本来、これは創業融資の目的とは少し違います。

私たち国家資格者のコンサルタントとしては、

第一に、国に対する職業倫理があります。

 

これが重要です。

 

正直、例えば私レベルは、かなり強力です。

はっきり言うと、「コックローチより強力なコンサルント」それが山田です。

 

それだからこそ、

職業倫理が重要です。

 

私は、融資すりゃいいってもんじゃない。

そのような姿勢で、この仕事をやっています。

 

今回でいうと、

そのソフトウェアは、

「私も欲しい!」と感じられるソフトウェアで、

社会貢献性が高いと認識しました。

 

だから、かなり難しい道程なのは、覚悟していましたが、

代表者ともども、挑戦しました!

 

結果

 

1,000万円成功!!(^^V

 

まあ、こんなものです。

ただ、今回のようなケースは、職業倫理上の問題として、

個人的にアフターケアの対象にするべきです。

 

適度にそのソフトウェアが開発成功したか、販売状況はどうかの

モニタリングを定期的に行うべきだと感じています。

 

大切なことです。

 

 

 

ドリームゲート・・・何考えてんだか・・・


私は、ドリームゲートが嫌いです。

なんか、むやみやたらに起業を煽(あお)る風潮が嫌いです。

メインとなって活動している、中小企業診断士とITアドバイザーなる者がガンです。

特集記事が、金儲け主義的で、凄く吐き気がします。

金儲けすんなよ!

 

今回も、事業計画の書き方なる講座の広告をしていました。

 

なんというかさー。

 

創業融資じゃないよねー。

 

創業融資はさー、このHPでも述べているけど、

「事業計画なんてありゃいいんだよ!」

だから、「書き方もへったくれもないんだよ!」

 

それを1回何千円か取って、講習開くなんて、

しかも、国家資格者でないアドバイザーなる者が・・・

 

ありえねー。

 

事業計画書の書き方くらいだったら、俺が暇なときだったら、うちの事務所くれば、

タダで教えてやるさね・・・。

 

あんなもん、遊びで書けるべ。

 

事業計画で創業融資成功するんなら、

 

楽でいいべw

 

あははw

ここ最近、手ごわいのばっかりですが・・・


手強いですね!

現金商売のお客様なので、大変です。

せめてもっと足跡つけてくれてたら・・・。

 

ふーーーっ!!

 

やっと成功です。

難航したなあっ!!

 

まあ、こんなものです^^V

 

無事400万円成功です。

 

そろそろ、数件の結果も出るでしょうw

 

山田事務所は、絶対100%堅持なのです・・・><

100%と歌っていながら、HPの新をすぐしなくなるような事務所とレベルも年季もが違うのです。

 

GW明けから、延々と、建設業の許可や、解体業の登録や、建築士事務所の登録や、

産業廃棄物の収集運搬の許可と、気付くと10件ほどをたった20日前後ではしごしたので、

 

息も絶え絶えです><

 

許可は、融資の前提なので、来たら、引き受けるしかありません。

 

ありがたい話です。

 

もう、グロッキーです・・・><

 

今日も、まだまだ仕事です。

明日、納品の創業計画書を書かないと・・・(涙)

 

経営者とは、「サイテーの労働者」に他ならないのです(TT)

 

ぐっすん。

セーフティネット融資2700万円(既借入額4000万円)の成功


運送業の事例です。

 

最近、運送業は、1)燃料がだんだん上がってきていること、

2)賃料が引き下げられていること、

3)トラックドライバーが少ないこと

のおかげで、業界が再編されつつあります。

 

年間売上高が2億程度の会社では、既存借入高が4,000万円でも

まだ、足りないケースが生じます。

 

この会社は、半年前に1,000万円の運転資金を受けたばかりで、

希望融資額2,700万円というのは、

 

正直、辛い!!><

 

しかも、売上高が下がっている・・・。

 

ん!?

 

なぜ、この会社の売上高が下がった!?

これだ!!

おお!前年同期で比較すると、11、12、1だけ6%下がっているじゃん!!!(興奮)

 

神よ!!

 

セーフティネットしろということですね!!

 

だが、

問題は、下がった理由だ。。

どうしてなのか、原因追及が必要だ。

「ドライバーが3名辞めた」

 

嵌まった。

セーフティの型に理想的にハマった。

 

をを!

セーフティに該当するためには、あと2日間で申請しなきゃならんのか!!

・・・・・・

 

さて、先日、無事2,700万円満額融資成功です(^^V

 

・・・・疲れた・・・

気づくと、GWですね・・・

少しは休みたいってか・・・仕事地獄が逆に待っていますね・・・

今こそ溜まった仕事を一挙処理です><

 

東京都で信用保証協会の保証だけ受けられないお客様


そのお客様は、政策金融公庫からの融資は2回受けているのですが、

信用保証協会付きの融資は、創業時から3回申し込んでも受けられないという困った方がいらっしゃいました。

 

話を聞いてみたところ、

原因は2種類に絞れました。

かなり手ごわかったのですが、

対処が完了しました。。

 

早速、今回は、そのお客様と付き合ったことのない、

別の信用金庫さんに申し込みに行ってみました。

 

2週間後、金庫の担当者から、

「このお客様はかなり難しいと、保証協会に行ったら言われました」

と連絡が来ました。

 

ふーん。

まあ、折込済みですね。

もう対処は完了しているのです^^

 

でも、

「いやいや、それは分かっていますが、話を進めてもらえないでしょうか?」

とお願いしたところ、

 

先日、保証協会から、直接お客様に、面談するので来てくださいという連絡が来ました。

 

結果、運転資金500万円の融資が実行されました。

 

これで、今後は信用保証協会でも融資が受けられるようになりました^^

 

良かったですね。

 

まあ、対策をしっかりすれば、こんなものです^^ノ

 

気づくと、もう3月30日ですか・・・11月から、あっという間に時間は経つものですね。。

まだあと、10日くらいは、息もつかないくらい忙しい日々だと思います。

 

がんばるかー。

厚木市の助成制度の食い違いと納税籍


先日、神奈川県厚木市で創業融資のコンサルを行いました。

保証協会を用いて全額希望融資額が成功しました。

 

さて、本題はここからです。

 

実は、厚木市には創業融資の借入利子と信用保証料の助成制度があるのですが、

金融機関の担当者から電話が来て、

 

厚木市に相談したら、助成の対象外と言われた。

 

と連絡されました。

 

どうやら、個人事業なので、助成される要件を厚木市の担当者か金融機関の担当者かが

勘違いしていたのでしょう。

 

そこで、

「私が対応します。失礼ですが、厚木市の担当者や金融機関の皆さんより、私の方が詳細を知っています」

「へ!?」(金融機関の担当者)

 

多分、個人事業なので納税籍の解決ができていないのでしょう。

早速、厚木市の担当者に直接電話で、納税籍に関して説明しました。

 

数分話してみたら、

 

「行違っていたようです!

利用可能です!」(厚木市の担当者)

 

そこで、金融機関の担当者から厚木市の担当者に連絡するように伝えました。

 

これが行政書士というか、私の仕事です^^ノ

 

私は、創業融資のコンサル歴が約12年のキャリアです。

金融機関や市町村の担当者より・・・実は、詳しいことがたくさんあるのです。

 

創業者の方も一度、不信感に顔を曇らせていましたが、

終わったら、

「先生を信じてよかった!」

といって、笑ってくれました。

良かったですね。

当事務所の報酬額が他の事務所より高いと勘違いしたお客様


新規創業案件です。

とても融資が成功するか心配していらっしゃるお客様でした。

 

ま、そりゃそうですよね。

 

それで、色々な事務所のHPとかを持参されて、

当事務所の報酬額が、他の事務所より高い!

 

実績1,000社とか書いている事務所の方が信頼できるに違いない!

 

とか、わけのわからないことを言われました。

 

まあ、心配するのはわかりますね。

そこで答えました。

 

1)当事務所より報酬が安いのには理由がある。

 つまり、安いのは「自信が無い」の裏返しです。

 なにせ、この業務は、約2ヶ月にわたり、周到な準備と、徹底的な交渉が必要になります。

 この業務を3%以下の成功報酬で引き受けることなんて、事務所経営上あり得ないですね。

 子供の仕事ではなく、人生を賭ける戦いに参加するのです。

 私にも面子があり、撤退できないのです。

 それだけの報酬はもらいます!

 なぜ、4.5%かというと、金利の取り締まりに関する法律の上限が5%なので、それに職業倫理上合わせているのです。

 これ以上高い業者は、この法律の趣旨を正しく理解していない、職業倫理が無い方です。

 

2)実績1000社と謳っている業者は、「嘘」です。

 だって、この業務は、業歴15年近いベテランの私でも、1か月5件やったら、寝る時間もないくらい忙しいです。

 年間60件ていったら・・・

 しかも、この業務が始まったのは、今から約15年前です。

 物理的に無理!

 そろそろJAROのお世話になるでしょう^^

 士業がJAROから勧告受けたら、そりゃあ、面白いね!!

 私だって、約15年間で、400から500くらいじゃないのかな・・・。

 

3)100%本当に成功するのか?

 お客様がすべての書類と、私の質問に答えてくださり、

 私が引き受けるなら、100%です。

 私は、経験上、そこらの金融機関の担当者より、はるかに詳しい。

 なにせ、15年間の蓄積された経験がある!!

 

結果:そのお客様の案件を受任しました^^

 

 1か月で希望融資金額1,300万円満額を成功させました。

 

 私は、融資に関して、100%有言実行の人です!!

不動産賃貸業の新規ビル追加資金2,500万円


大変なことが起きてしまった!

どうしたらいいんだろうか!?

 

工事を請け負っていて、着手金を1,500万円支払っていた

建設コンサルタント会社が、計画倒産して、

新規ビルの工事後の最終支払金が建設業者に支払えなくなってしまった!

 

しかも、建設後のテナントビルをその計画倒産した会社が

サブリースする予定だったから、

建設後にすぐ入ってくる予定だった賃貸料金が入ってこない・・・。

テナントを新規に募集する宣伝広告費も必要だ・・。

 

銀行に返済できなくなってしまう!!

 

さすがに、蒼い顔をして当事務所に相談にいらっしゃいました。

なにせ、当事務所は実績、本当の正真正銘、15年間、成功率100%です!!

 

さて、私の出番です!

 

正直、難しい。。

 

・・・でも、これだけのビルを建てられるほどの与信力のある人物・・・

 

何か、何か手はないか・・・!!??

 

うーーん!!

 

・・・・・

結果:

 無事成功しました!!^^ノ

 

 勿論、公的機関から全額借入成功しました!

 

当事務所は、格が違いますw 実力が違うのです!

簡易宿泊所(ゲストハウス)の設備融資2,000万円成功


 今、流行りの簡易宿泊所(ゲストハウス)の設備融資です。
色々大変でしたが、無事にすべてのハードルを乗り越えて、

決定しました!!

満額2,000万円です!!

しかも、個人事業者です!w

 

よっしゃよっしゃ!!

波に乗ってきました!!

この調子で、どんどん頑張りましょう!!

お客様は、さすがにこの案件、色々、当初から難航するのがわかっていたので、
本当に、心配の連続でした。

でも、成功です!!

満額!

私も、これで少しは息が吐けるかなあ(^^

良かったですね。ほんと。
ふー。

シルバーウイーク等が終わって第2陣せどり輸出融資


 シルバーウィークが終わって、
やっと第2陣の融資が終わりました。
今回も、せどりの輸出業者さんです。

この時期で、円高がストップしたので、
ここから年末年始には、アメリカの新大統領が就任します。

ここで、円安方向にかなりぶれるので、
輸出業者さん達には追い風が吹き始めました。

金額も、規模の割に600万円と、かなり
太っ腹な運転資金の調達となりました。

クリスマス商戦に十分間に合うので、
良かったですね^^

 

2016年10月14日

美容業者の融資決定


 ふー。
盆が入ると、どこも決定が遅くなります。
今年はシルバー・ウイークとかいう大型連休のおかげで、
どこの金融機関も遅い、遅い。
働いている人たちも人間なので、しょうがないのです。
さて、
無事、美容業者の新規開業融資450万円決定です^^
さて、第1陣です。
ここからギアをあげていきましょう !
日時:2016年12月 3日 11:32 続きを読む"美容業者の融資決定"

個人事業-海外輸出事業者700万円満額成功


 今回も、難関でした!
でも成功しました。
個人事業での創業資金700万円です^^

まず、色々な事業者のHPの嘘で多いのが、
法人の方が、個人事業より、創業融資が受け易いという誤解ですが、

単なる都市伝説です。。

海外輸出の融資は、実は結構ハードル高いのですが、
この人には、いいところがたくさんありました。

無事満額融資決定です^^ノ

今年の夏は、殆どの金融機関が仕事をしなくて、
色々な融資の審査が遅れています。

心配になっている人も多いと思いますが、
単に、金融機関の中の人たちも、夏休みを取りたいということでしょう。

まあ、例年のことですが、今年は特に暑いせいか、皆、
仕事したくても仕事になっていないということもあるでしょう。。。

頑張りましょう!

さて、まず1本

追加融資600万円-法人輸出企業成功


 さあ、第2弾です。
同じく、国外輸出の事業者で、
当事務所で会社設立手続きを行った会社です。

前回の融資から8ヶ月、
順調に業績を伸ばしてきました。

追加が欲しいのですが・・・。
相談に来たのは2週間前。

OK

早速、決定が来ました。
600万円満額成功です。

まあ、ここまでは余裕余裕w

なにせ、私がプランニングした会社設立です。
この程度の融資、楽勝楽勝。

私が作ったバリバリのレース用マシンのF1と、
ちまたのどへたくそが作ったポンコツじゃスペックが違うw

美容室の経営者は誰かという問題


 実は、
私たち行政書士は、
1)飲食店
2)美容室
3)古物商
以上の3つの許可をちょくちょくやっているように感じられますが、

原則、私はやりません。

理由、自分で簡単にできてしまうから。
 だから、当事務所に相談に来ると、申請の仕方を簡単に教えて、

「自分でできるから、がんばって」

というのです。

さて、
そんなことで、私は美容室の開設届出を扱ったことが無いのです。

今回は、このことが問題になりました。

「美容室の経営者でありながら届出していない経営者がいる」
許認可が正しく取得されているか確認をして欲しい・・・。
と某金融機関の担当者から質問が来ました。

ちょっくら調べてくるか。

--横浜市の神対応--

まず、電話で、美容室の開設届出者は、「美容業の経営者」なのか?
と質問しました。

・・・答えられない・・・
なんじゃこりゃ!!

怒って横浜市にカチコミしました。

電話対応で、何言ってんだかわからない職員ではらちがあきません。

上司が出てきました。

美容師法の条文集を持参していました。

第6条「美容師でなければ、美容を業としてはならない。」
第7条「美容師は、美容所以外の場所において、美容の業をしてはならない。ただし、
政令で定める特別の事情がある場合には、この限りではない。」
第11条「美容所を開設しようとする者は、厚生労働省令の定めるところにより、美容所の位置、構造設備、第十二条の三第一項に規定する管理美容師その他の従業者の氏名その他必要な事項をあらかじめ都道府県知事に届けなければならない。」

打てば響きようにハキハキ答えました。

「素晴らしい!」「すべての回答を私は得た。ありがとう!」

最初の電話対応では、届出者と「使者」の区別もできず、激怒してしまいましたが、
上司は、素晴らしかった!あっという間に納得できた!

神対応と認定します。


この問題は、実は、もの凄い深い内容を含んでいます。。

多分、この件が問題となって、金融機関から「無許可営業扱いされている美容師」がたくさん隠れていると考えられます。

これで、多くの人たちを救うことができるでしょう。

トラットリア(イタリアン)の融資


今回も結構手ごわかったですね・・・。

ふう。

無事1,500万円満額の融資が成功しました。

自己資金は250万円だったので、

最近の情勢だと、かなり危ない局面もありました。。

 

でも、完全成功です!!w^^w

 

今回も、仕事したな~。

 

少しは、休みたいな~。

 

これで、大将戦終了です。

 

さすがに、大将戦だけありましたね。

寝たい。

デイサービスの融資


やっと終わりました^^

デイサービスの創業融資1,500万円!

です。

 

無事、満額終了ですw

 

これが副将戦でした。

 

さあ、残りは大将戦です。

 

新規の案件も現在3件受注しているし、まあ、かなり忙しい日々です。。

寝る時間が減るな~。

日時:2016年6月10日 20:52 続きを読む"デイサービスの融資"

軽作業請負業者


自己資金がかなり低かったので、結構てこずりました。

無事450万円の創業で運転資金の融資が成功しました。

GWがあると、速力が落ちるので、GWとか盆とか年末年始とか

どうにかして欲しいですね。。

 

この件もそうですが、場合によっては門前払いされても

しょうがない事例ですね。

 

さて、中堅戦終了です。

次は、副将、大将という大物です。

日時:2016年6月 8日 15:13 続きを読む"軽作業請負業者"

マッサージ業者と次世代軽貨物事業者


最近、軽貨物運送の需要が増えていますが、

大手が参入するには、利益率が低めのため、

小規模個人が組織化して軽貨物を営むケースが現れました。

今回は、そんなケースです。

この経営者はとても、営業力が高い人でした。

無事、500万円成功です。

 

次は、整体マッサージ業者で、お問い合わせがあったのですが、

年齢が比較的お若いので、うーん・・・と悩んだのですが、

奥様がしっかり者で、ちょっと感心できました。

そのため、700万円の成功です。

 

GW明けの第1陣です。

ちょっと肩慣らし的な仕事でした。

 

まー、どっちも、普通は失敗するでしょうね。。

ハードルが実は高い。。

どちらのケースも、本来、業態的にこの金額を引っ張るのは、難しめなんです。。^^

私にとっては、先鋒、次鋒戦といったところかな。

 

今回は、ここから中堅、副将、大将戦と待っていまして、

ここからがてこずる案件です。

借金まみれで簡易宿泊所の夢を貫いた創業者


平成27年4月の話です。

 

ある若い創業者が来訪しました。

 

お金はないけど、創業融資が受けたい。

 

話をじっくり聞きました。

 

簡易宿泊所を観光地で営みたいという計画でした。

 

私は、何点かヒアリングしました。

 

結論

「無理」

 

はっきり言いました。

 

貴方は創業融資できない。

 

しかし、この創業者はしぶとかった。

私は、どんな条件を達成すれば、融資を受けられるようになるでしょうか。

 

私は答えました。

 

貴方がもし、なんとか小資金でもいいから集めて、最低限の簡易宿泊所を開設し、

その簡易宿泊所でなんとか利益を上げて、平成28年2月15日以降に確定申告を迎えられれば、

追加融資という形で融資が可能です。

 

その後彼は、ひなびた観光地で廃業していた小さな旅館の所有者と掛け合って、

簡易宿泊所を開設しました。

もともとが旅館だったので、改装費用も100万円で済みました。

 

彼は、当時消費者金融や様々なローンで300万円近い借金をしており、ひどい状態でした。

 

私は、その旅館の経営者との契約の際に、立会人を引き受けることになりました。

 

平成27年12月

当事務所に、彼がやってきました。

 

泊まれる人数がたった最大8人の簡易宿泊所でしたが、いつも満杯なので、

近くの閉鎖された旅館を新たに借入れたい。

 

今度は、しっかりと内装工事をして14人くらいが最大で利用できる施設にしたい。

 

融資は可能でしょうか?

と尋ねられました。

 

私は答えました。

「あれから半年、素晴らしい業績ですね!

 

勿論、可能です! 」

 

平成28年4月

本日、融資決定が、満額下りました!

 

気付くと、彼の借金は200万円に減っていました。

 

これからも頑張ってください。

調子が良くなると、人は、金遣いが荒くなります。

融資を受けた時こそ、これまで以上に倹約に励んでください。

 

これから、借りたお金を元手に、もっと稼がないといけないのです。

 

苦しいこともあるでしょう。

調子がいいと、口だけ都合のいいことを言う人も寄ってくるでしょう。

決して、自分を見失わず、借りたお金は返さなければならない。

だから、返すまでは、今まで以上に倹約しなければいけない。

そういうふうに、自分を戒めて続けていってください。

 

ガンバレ!

レジャーボートの融資


 これは、公的融資機関が判断を誤ったケースです。

-----------------------------------------------------------------------

代表者は、過去に2度、自分で公的融資機関に申し込み、

2度共、断られたそうです。

 

私は、彼の経営計画や契約書関係をチェックしました。

 

結論:

「私なら楽勝!」

 

代表者は、もう二度と失敗できないと思っており、

私の「楽勝!」という言葉をなかなか理解できなかったようです。

 

私は言いました。

貴方が失敗してきたのは、公的融資機関の担当者の知識不足が原因です。

そして、貴方は、借りられる人だが、貸したい人に分類されなかったと考えられる。

 

だから、私なら楽勝です。

 

お客様が、当事務所に相談に来たのが、平成28年3月17日

本日融資決定が満額成功したのが、4月12日。

 

私は有言実行しました!^

 

公的融資機関の当時の担当者は、さぞやびっくりしたでしょう。

 

この人はね、日本国として絶対!融資してあげないといけない人だって、

なぜわからなかったのだろうね?

 

きっと、先入観で判断してしまったのでしょう^^

 

だって、レジャーボートの融資なんて、どんな許可が必要か、代表者自身すら

理解していなかったのだから。

担当者が理解できるはずがない。

 

私は、数分で、すべて予測しましたよ^^

 

経験12年以上の融資実績は伊達じゃないんですよ。

 

だって、私は業界で最強なんですから!

本日は豊作!(3件 2,000万円)


今日は、千葉県でせどり輸出のカメラ転売の融資1件、300万円

神奈川のレジャーボートの遊覧船の融資1件900万円

ひなびた観光地の簡易宿泊所の融資1件800万円

計 3件 2,000万円の融資が成功しました。

 

勿論、私は成功率100%です。

 

ところで、

ネットをふとみたら、創業融資の成功率は、一般的には30%前後で、

あるコンサルタント事務所の実績は91%以上という記載を見ました。

 

なんというか、91%って、運任せという意味です。

よくそれで、プロを名乗れるな・・・って呆れてしまいました。

 

当事務所の創業融資は、100%!

当たり前です!!

10年以上、この実績を堅持してきました!!

今月も実績件数が増えて嬉しい限りですが、大忙しです・・・


3月末ともなると、お客様の融資実行が多くて大変ですが、

同時にとても嬉しいことでもあります。

 

今月も、運送業、建設業、カメラのせどり輸出業の方が

融資を受けられ、総額2,800万円のコンサル実績です。

 

ありがたいことです。

 

来年度も初日から大変ですが、

できるだけ皆様の希望に叶うように努力したいと思います。

NPO融資、H28年3月末迄、支援(神奈川、東京、埼玉、千葉)


NPO法人向けの融資をご存知でしょうか?

当事務所では、H28年3月末迄の間、NPO法人の運転資金、設備資金の融資を

短期間ですが、大幅に支援枠を増やします。

但し、地域が限定されていて、神奈川、東京、埼玉、千葉です。

もうひとつの条件ですが、

これまで、政策金融公庫を利用されていないお客様に限ります。

ぜひ、お問い合わせください。

輸出転売無店舗(せどり)の融資


先日、無店舗輸出転売の個人事業者の融資を行いました。

かなり厳しかったですが、無事成功です。

 

この事例は、現在の日本の流行なので、

少しYutubeあたりで特集を組んでもよいですね。

 

今日は、月末で忙しいので、今週末あたりを目指そうと思います。

イタリアンバールの融資


本日、無事大和市の創業案件が終了しました。

申請額900万円満額でした。

良かったです。

 

融資は最初の出だしにすぎません。

これから返済しながら、大変ですがこつこつ経営していかなくては

なりません。

 

ただ、この方は場所が意外と良いので、

頑張ってほしいと心からエールを送ります。

ありがとうございました。

下手糞な会社設立業者


もうやめて欲しい!

会社設立した後のお客様から相談を受けました。

結構業績がいい感じに伸びようとしているので、

良い話だな^^

と思った矢先・・・。

定款を見せてもらいました。

ある行政書士が作成した定款でした。

・・・。

・・・。

・・・。

(まいった・・・、この作成した行政書士・・・気付かなかったのか?)

融資の素人は本当に困ります!!

 

この会社は資本金が300万円で、現物出資が200万円あったのですが、

この現物出資が・・・所有権を会社に移転できない現物出資でした。。。

 

気付けよ!!

そもそも現物出資できないだろうが!!

 

でも、会社はすでに設立されています。

 

どうしろというのでしょうか・・・・。

 

もー、安いからって無知な業者に会社設立依頼しないで欲しい!!

 

それなら、私に依頼して欲しい!!><

 

そうすれば、こんな阿呆なミスしなかったのに・・・。

 

勿体無さ過ぎる!!

鍼灸院の開業資金1000万円


無事融資成功です。

代表者の住所の問題で少しトラブルがあったりしましたが、

さすがに国家資格は強いですね!^^

嬉しい結果でした。

輸出転売無店舗事業者の融資


難しかったですが、

無事500万円の借入成功です^^

 

その会社は、創業時に東京都信用保証協会に

創業融資1,000万円を申し込んだのですが、

失敗したとのことで、

今回必勝をかけて当事務所にご依頼に来ました。

 

話を聞いたら、「まず、私が担当者なら貸さないなー」という

理由がすぐ判ったので、

さっさと、「正しい姿」に修正したら、勿論成功です^^

 

無店舗なので、難しいと言えば難しいですが、

まあ、こんなものですねw

 

山田は、口が悪いし、厳しいことを平気で言うけど、

パーフェクトなんです!

 

絶対「負け無し!」

病の重さが理解できない患者が一番困りますね


先程、ご紹介のお客様に電話をしたら、

私の対応が遅いということで他の行政書士に依頼したとお聞きしました。

その行政書士のHPをみたら、

どこかの誰かの研修で聞いた内容をそのまま自分の言葉で説明しているだけでした。

どうやら、事業計画書の良し悪しで融資の成否が決まるそうです。。

 

馬鹿ですね。

 

本当に、実務を知らない行政書士もそうですが、コンサルタントがこの業界に

手を出すのは迷惑極まりないです・・・。

 

先日も、ある店舗物件のオーナーと話をしていたら、つい最近、行政書士に同じような件で、

協力したら、失敗して、二度と行政書士が関わっている案件には手を出したくないと、

くどくど云われました。

しょうがないので、銀行の担当者から話していただきました。

 

業界全体の信用が落ちるので、本当に困るのです。

 

そのお客様は大問題があって、

1)業務内容に対して過大設備投資の可能性

2)FCに加盟するため、業務経験があっても、その加盟契約が妥当かどうか、

3)その業種の一般的な収益性がいまいち評価できない

4)開業する前に既にFC加盟金を自己資金で支払ったため、自己資金が少なくなってしまっている

 

というちょっと考えただけでも4点の大問題があるのです。。

お客様とその行政書士がどう考えているかもしれないけど、

 

これはね、事業計画書云々の問題以前なんですよね。

 

紛糾しますよ!

この病は重い!

それに気づいていないなんて、本当に困った患者さん達です。

 

私が遅く感じたのは、この案件は、かなりてこずると予想したこと。

まだ、会社を辞めておらず、開業まで時間がかかること。

の2点から、他のお客様を先にやらせてもらったのです。

 

皆さんの資金スケジュールがあるからです。

 

早い人から先にするのはしょうがないのです。

 

いつも言っておりますが、山田は、ポーカーをやっているのです。

融資はポーカーのようなものです。

札が揃うまで、ただ無表情で、じっと待ち、

オープンしたら、勝っている。

 

それが私のコンサルです。

1年以上赤字続きの運送業


創業融資ではないですが、

無事に成功しました。

1,300万円です。

 

条件がクリアできたので、挑戦しました。

 

良かったですね!

本当に良かった。

自己資金30万円、経験1年の飲食店創業


難しかった。

 

飲食の勤務経験がたったの1年。

 

しかも自己資金30万円

 

年齢も50代後半・・・。

 

正直言って、断ろうと思いました。

 

しかし、居抜きの店舗であることと、

勤めていた飲食店の業態が良かった点を評価して、

引き受けましたが、

 

実際、当事務所の成功実績100%の看板に傷が付くんじゃないかな・・・・

とか正直思いました。。

 

ええ、苦労しました。

 

本当に、まずかったです。

一度、断られる可能性がありました。

 

しかし、無事なんとか・・・

 

300万円満額成功です。。

 

金融機関の担当者にもくぎを刺されました。

「先生、正直言って、もうこういう案件は・・・・」

「判っています。。ありがとうございますと、関係各位にお伝えください・・・」

 

------------------------------------------------------------

モニタリングを最低3年間

自主的にやらないといけませんね。。

これが私なりの金融機関に対する仁義です。

 

第二次創業の融資成功


難しかったですね。

会社の経営歴は比較的長いお客様なのですが、

鳴かず飛ばずで、

今の事業にあまり期待できないので、

新規で創業という案件でした。

 

正直こういうケースは一番難しいんです。

 

理由は、業歴がない。

次に、今なら生活できているのに、

それをわざわざリスクを冒して新規で創業する意味がない。

 

そういう判断をせざるを得ない。

 

しかし、無事500万円成功しました。

 

良かったですね。

 

最近は、このようなケースが増えてきました。

なかなか考えさせられました。

看板屋さん保証協会


 本日無事に看板屋さんの融資が

保証協会で決定しました。

きつかったですね!!

無事700万円成功です。

良かった・・・。

日時:2015年6月 3日 17:40 続きを読む"看板屋さん保証協会"

ネットショップ開業資金


非常に珍しいことですが、

リアル店舗のない古物商創業資金で

500万円満額の政府系金融機関で成功しました。

 

うん。

リアル店舗がないのに成功・・・

しかも古物商・・・

すごく珍しいですね!!

ソフトウェアの開発費用の融資


やっとGWが本格的に明けて、

金融機関の融資結果が出てきました。

 

会社設立直後のかなりハードルの高い、ソフトウェアの開発費用で、

1000万円の融資に成功です。

申込額も1000万円だったので、満額です^^

しかも特別金利だったのでかなり恵まれましたね!

嬉しいですね。

平成26年度補正事業創業・第二創業促進補助金採択


 無事、当事務所が支援する、東京都で創業補助金が採択されました!

事業テーマは、「中小企業向けクラウドシステムを活用した汎用型業務システムの開発販売」

提携金融機関は、東京都民銀行神田支店です。

賃金未払いの末に従業員が独立した会社


・・・終わりました。

 

無事完全成功です。

 

この会社は、電気通信・電気工事業の会社なのですが、

前に代表者や従業員達が勤めていた会社が

3か月以上にわたって、賃金未払いを起こしたため、

 

資本金が僅か100万円で、従業員が4名という

かなり綱渡りの創業融資でした。

 

1,000万円完全成功です。

 

さすがに、賃金未払いを3ヶ月間全員されていたおかげで、

代表者も従業員も全員、あと少しでまずいところでした。

 

間に合いました!

 

良かったですね!!^^ノ

ハード過ぎる!!


11月末現在、

有り難いことに、同時に7件の融資コンサルタント業務を並行しています。

もの凄く、ハードです・・・・。

今日の昼に2件の納品しました。

あと・・・5件も!!

この土日にどこまで終わることができるか、

正直、身体がついてこれるか、怖いです。

しかし、どれも難易度が高いので、

多分、私しかできる人いないと思うので、

 

お客様のためにも頑張るしかないです。

 

7件の内訳

4件、税理士が関与して政策金融公庫落ちる。

私の分析 単に無謀に突っ込んで自爆としか見えない。

相変わらず、知識のないコンサルタントには困ったものです。。

 

3件 そもそも難易度が高く、1件は信用金庫が2件ともギブアップ。・・・多分、代表者が

妙にプライドが高いせいだと思う。

1件、税理士・司法書士に、ほとんど騙されたとしか言えない会社設立状態で、

怪しんで、うちの事務所に来ました。

・・・あと少しで手遅れ状態・・・まだ間に合う。

1件 東京都であることと、ビジネスプランが新しすぎることが障害になっている。

某区の中小企業診断士にでどうやら、嘘教わった感じ。。。

叩き直せば、全然OKレベル。

 

時間が足りん。

 

間に合うのか、山田・・・

 

日時:2014年11月28日 22:28 続きを読む"ハード過ぎる!!"

広島県で無事終了報告です。


先ほど、

お客様から嬉しい報告をいただきました。

 

広島県で無事400万円の融資が成功しました。

今回は遠隔地で大変だったのですが、偶然、中小企業大学校関西校で研修の際に、

銀行の担当者様と縁ができたのと、

これもまた偶然、広島県で依頼人の方が見つかったので、

初の共同作業で融資に成功しました。

 

この案件も政策金融公庫で税理士さんを通して挑戦した結果、

失敗してしまったという依頼人の方でした。

 

結構苦戦しました。

理由は、広島では「邪悪な行政書士」が暗躍しているらしく、

保証協会が本当に「ぴりぴり厳戒態勢」に臨んでいたので、

最終的に、私やお客様、ひいては銀行様の名誉のために、

私自身も直接対話をさせていただきました。

 

その結果、正式に「第三者ではない」という判断をしていただき、

ここまでこぎつけることができました。

 

後は、代表者様が事業計画通りに頑張っていくだけですが、

適度にモニタリングでフォローできたら士業冥利に尽きます。

 

広島で新しい依頼人がもしきたら、またカキでも食べたいなー。

広島焼きも美味しかったなー^^

新しい広島のお客様来ないかなー。

 

--------------------------------------------------------------------------------

本日は、ものづくり補助金第2次採択の説明会に出席しました。

相変わらずの「中小企業診断士押し」の事務局で、正直辟易しました。

本当に露骨です。

 

中小企業診断士は素晴らしい仕事ですが、助成金に何で登場するのか

本当に不思議なので、質問をしたら、やはり事務局の方は答えられませんでした。。

単に宣伝したかっただけのようです。

 

なんというかなー。

ものづくり補助金第2次公募採択!


嬉しいですね!

 

当事務所が群馬銀行を認定支援機関としてコンサル(当事務所の認定支援機関登録が今年の末を予定しているため)した

株式会社横浜環境デザイン様が、

神奈川県のものづくり補助金第2次公募で採択されました!!

 

いやーー!!

大変でした^^ノ

 

これで、

今年の補助金はすべて、当事務所は「総ナメ」しました!!

 

1)小規模事業者活性化補助金 1件 株式会社AkiTechLEO

2)ものづくり補助金第1次公募 1件 株式会社サステナ

3)創業補助金 1件 株式会社ANDY

4)ものづくり補助金第2次公募 1件 株式会社横浜環境デザイン

 

どんなもんだ!!

また犠牲者が・・・


うーん。

税理士さんでも、会計士さんでもどうだっていいんですが、

いい加減な知識と、政策金融公庫の担当者と知り合いだからといって、

数(かず)射ちゃ当たる的に、創業融資申請して落ちるのはやめて欲しいですね・・・

 

今日のお客さまも、税理士さんにお願いして、

その流れで、見事に「残念ですが」となってしまったわけでして、

結局、当事務所に相談にいらっしゃいました。

 

横浜には、IDECという公益財団法人があって、創業支援しているのですが、

そこも、むか~~しから、困ったことに尻拭いを気付くとやらされていることが多かったりします・・・

今回のお客様は、IDECから、横浜信用保証協会の事業計画策定支援を受けているうちに、

お願いしている税理士さんから政策金融公庫が得意だから創業融資を申請しましょうと乗せられて、

その担当者に紹介してもらったケースだということです。

 

えーと・・・

まず、云わなければならないのですが、

1)横浜市信用保証協会では取り扱えない可能性が高いです。>IDECさん、聞いてる?

2)そもそも創業融資じゃないです・・・>税理士さん聞いてる?

よく調べようよ!

俺なんて、30分会話しただけで、全部、聞き出したよ!

しかも、IDECさんに至っては、本当のビジネスモデルを云うと借りにくいから、飲食店にしちゃえ!

といったらしくて・・・オイオイ@@

飲食店経営したことのない人に、飲食店なら簡単だ!なんて・・・馬鹿?@@

 

飲食店はな、飲食店はな!ふるふる・・・とてもトーシロができる商売じゃねえんだよ!!!(激怒)

食材原価管理しっかり管理しねえと、利益なんて出ねえんだ!!

 

しかもさ、そのお客様のビジネスモデルは、他の許可が必要なものだから、

IDEC主導で、信用保証協会騙したことになるぞ!

許認可の怖さしってるか!?、こら!

多分、そのお客様のビジネスモデルに別の許可が必要だって、素人だからしらなかったんだろ!?

だから、「なんちゃって中小企業診断士」はダメなんだよ!(なんちゃってとは、サラリーマンをしながら、資格だけ取得して、中小企業診断士と名刺に書いている人のことを言います。経営のキツを知らないくせに、知った気になっている困ったちゃんな人たちの総称です。)

創業は、行政書士の方が向いてるの!!

(・・・まあ・・・その行政書士のレベルがここ最近、やたら低くて・・・行政書士会がクズでゴミだからしょうがないといえるが・・・うーん

でもさー、一応、許認可と創業は資格的には行政書士の方が向いてるんだが・・・ぼそぼそ・・・

まあ・・・確かにさ・・俺が行政書士会に顔を出すと・・・必ずといってよいほどつっかかってくる、経験の浅い、年だけ無駄に取った行政書士達いるよな・・・

あれが行政書士だといわれると・・・俺も・・・ちょっと・・・恥ずかしかったり・・・うーん

・・・行政書士って・・・化けるとすげー強くなるんだがなあ・・・某ゲームのたまねぎ剣士みたいに・・・)

 

いいかげんにしてよーーー!!

 

むっかしから、資本金1000万円で会社を作る相談をIDECにしてたら、

銀行に断られてどうしたらよいか聞いたら、銀行は紹介できませんから、設立をあきらめてくださいとかいわれて、

あわてて、当事務所にやってくる方等、枚挙にいとまがないんです。

 

まあさー、所詮、お役人感覚でやってたら、うまくいくものも、うまくいかなくなるもんです。

 

理由は、失敗しても、自分は痛みを感じないから!(激爆 ちゅどーーーん)

 

以上!!

日時:2014年9月18日 18:53 続きを読む"また犠牲者が・・・"

平成25年度創業補助金無事成功です


本日神奈川県の創業補助金の第2次採択で、

当事務所が支援した介護事業者の会社が無事採択されました。

嬉しいですね!

ただ、当事務所は現在認定支援機関の申請準備中(現在中小企業大学校で認定支援機関のための講習を受講中です)のため、

横浜銀行小田原支店と連携して行わせていただきました。

 

介護事業者なので、デイサービスのわけですが、

デイサービスのサービスメニューはご存知の通り、

法定されていますので、

通常、「新規性」を認めることができません。

しかし、

当事務所は、雇用拡大と、組織構造の点で新規性を

打ち出して無事採択を得ました。

テーマはズバリ!「介護人材の専門教育を受けた若者世代による介護事業の創業」です!

 

創業融資で1400万円、補助金で200万円

我ながら素晴らしい仕事をしています!

 

これで当事務所は、

小規模事業者活性化補助金(りそな銀行)→ものづくり補助金(常陽銀行)→創業補助金(横浜銀行)

と順調にすべて申請しお客様を採択に導いてきました。

まだ、認定機関に登録していないのに・・・もうこんなに実績を積みあげてしまった・・・

まあ・・・・

 

嬉しい限りです!(認定支援機関の同業者の皆様、ごめんなさい)

 

さて、それはさておき、

創業融資の方の新しい成功の報告ですが、少ない金額かもしれませんが、300万円を政策金融公庫で成功しました。

追加融資の形式なので、金額は今回少ないです。この方は信用保証協会と併せて、総額1,300万円を成功しました。

 

次に、かなり腹が立ったことです。

ある創業者の融資を700万円成功させたのですが、

そこの経理を担当する会計事務所の会計士の方が、私の事業計画書を見て大笑いしたそうです。

「こんなので成功するなら、俺がやればもっと多く成功する」

と豪語されたそうで、お客様からクレームを受けました。

なんでも、その方は政策金融公庫にとても強いそうなので、もっと成功できるとのことです。

・・・・・・馬鹿?・・・・・

私のHPを読んでいただければわかりますが、創業融資の事業計画書の重要性は3割です。

ちなみにその方の創業時の資本金は10万円

創業前の個人通帳の中身はあるお仕事の関係でかなり出入りが激しく、創業者にとてもみえないものでした。

また、同業種の業歴が6年未満です。

まあ、会計士さんだから、「中小企業会計要領に準拠する予定」とする気なのかもしれませんが、

この創業者の方の問題は、

1)売り上げ計画に関して従業員の雇用予定がないため、それほどの運転資金を必要とするのが業種構造から物理的に考えられない。

また、主として借りたい理由が投機的な性格が強い仕入れなので、融資適格性の問題が指摘できる。

2)創業時の通帳の出入りの説明が難しく、創業者と言えるか物議を醸す。

3)ここが重要ですが、創業時の自己資金が、たった10万円である。

以上から、難しいと思うけどなー(大笑)

この指摘事項を公庫や保証協会の担当者に読ませてください。きっと理解していただけると思います。

だから、

どんないい利益計画書いたって、所詮、絵にかいたモチだから、この創業者さんはこれが精いっぱいだったと思います。

私が保証協会なら、「実績を出していただければ追加資金を出しますので、とりあえずこの金額でお願いします」といいますね(笑)

だって、自己資金10万円で、運転資金700万円の融資です。

単純計算で、70倍ですよ!!@@

1,000万円借りさせてしまったら、自己資金の100倍貸したことになるんですよ!

危険すぎるじゃないですか!!??

私でも、これ以上は貸したくないですよ!!

 

しかも!当事務所は、ちゃんとこの依頼者を「創業者」として扱ってもらいましたよ!

これが大切で、今回の事案では凄いことなんです。

事業計画よりも、今回は創業者要件を満たしていることの証明の方が遥かに厄介だった!

借りられる運転資金の量は、正直ビジネスモデルの形でだいたい決まってしまうのです。

数字を作っても限界があるのです。

それも判らないなんて・・・ちょっとびっくりですね。その会計士さん、無能です・・・。

問題の本質を取り違えているのだから、その先生には、是非、公庫で私のように追加融資にチャレンジしてみるとよいでしょう。

 

失敗したら、それこそ大笑いですね!!^^ノ

危険な発言はやめた方がいいですよ。

 

だいたいですね、根本的な問題として、資本金10万円なんかで、なんで会社設立しちゃう業者がいるのかなー?

そんな会社で、運転資金700万円成功したのに、私ならもっと引き出せるとか、笑っちゃうにもほどがありますね。

(いい加減にしておけよ。。。尻拭いする、俺の苦労も考えろよな。。)

 

ちょっと脱線しますが、

うちの事務所で会社設立すると、神奈川県内だと、どこの銀行でも取り合いになっちゃうことがあるんです。

なんせ、山田事務所ブランドの会社ですから。

私の名前が定款にあると、銀行担当者がすぐに電話かけてきて、「先生のところだから、融資対策できていますよね!?」

と逆に情報提供をお客様の同意のうえで求められることがよくあるんです^^

 

今回創業補助金を受けた会社も、勿論、山田事務所ブランドの会社で、一度事業計画まで作成すれば、

ジェット機のようにかっ飛んで行くんです。

つまり、創業融資(保証協会→公庫)→許認可→助成金といった感じですね(全部事業計画書の焼き直しで対応できてしまうのです)。

今回も、当事務所の創業融資事業計画に多少の装飾をして助成金の申請書にコピペしてOKです^^ノ

 

話は元に戻しますが、

みなさん、決して「公庫に詳しい」と豪語するコンサルタントの方の言うことは半分だけ聞いてください。

私だって公庫は完全に把握していない。

なにせ、公庫の担当者すら間違うんですから(実話)

余談:先日も、お客様が公庫に書類を出したら、「自己資金が足りない等だから創業融資の枠では無理かもしれません」といわれて、

びっくりしてお電話が来たのですが、

「その窓口のお嬢さんが間違っていますよ」と指摘してあげたら、やはり面談のときには、ほとんど何も言われずに1週間もかからず契約してくれたそうです。

面白いですね。

ああ、でも公庫の人たちはすごく優秀ですよ。

勘違いしないでほしいのですが、公庫は前述の公認会計士先生の書いた事業計画書なんて、多分、ほとんど見もしないです。

整合性だけチェックするだけです(上司に提出するため)。

見るのは、通帳と融資資格、業種と事業者の経験と能力を勘案した必要資金の推定だけです。

水増しなんてできないし、させないです。

だから、事業計画で劇的に金額は増やせません。

せいぜい、今回の場合なら、会社といっても名ばかりの、実質個人事業なので、

成功したとしても業種的特徴から1000万円の範囲内として、追加300万円出せればかなり公庫が頑張ったといえますね!

1000万を超えるのは資本金と実質の手持資金、知識と経験、業種の特性、経営者の指揮管理能力から無理です。

せめて3カ月程度は間を空けて実績を出して、ほらお金が足りなくなりました。やっぱりもっと運転資金があれば、

もっと儲けられるんですと、証明が必要です。

といっても、業種的に資金回収が早いからかなり難しいと思います。

 

最後に、

事業計画で大きく融資を引き出せる場合は、個人事業みたいな資本金10万円の会社ではありません。

組織活動ができる、又はもともと業種的に組織性が求められるビジネスモデルが一般的です。

今回のケースでは無関係です。

 このような場合は、事業計画で必要資金を割り出します。

(・・・・あ、また余計な事を教えてしまった・・・サービスしすぎですね・・・)

気付くと8月18日


時が経つのは早いものです!

先週はものづくり助成金の締切と補正があってもう、本当に声ができないほど大忙しでした。

ものづくり補助金は、6部(正1部 副5部)作成するので、

この申請だけでA4用紙を1400枚消費しました。。

何とかして欲しいものです・・・。

複合機のトナーがすっかり全滅しました。。

でもメンテナンス会社が盆休みで、サブの1枚5円もするキャノンのプリンターで我慢している状態です。

なんとかならぬのでしょうか・・。

 

さて、早速ですが、創業融資で700万円成功しました。

この会社は、創業の概念の問題でかなり苦労しましたが・・・・

無事成功でございます!^^V

 

よかったですね!!

日時:2014年8月18日 17:14 続きを読む"気付くと8月18日"

綱渡りでしたが、無事に終了です


今回も大変でした。

 

勿論創業ですが、信用保証協会に1300万円申請し、

900万円の実行を受けた後、

 

それでも足りないので、即座に400万円を政策金融公庫に申し込みました。

 

これ、怖いですよ。

だって綱渡りですから!

 

しかし、申し込み後2週間以内で、昨日融資のお知らせがお客様のもとに

届いたそうです!

 

無事400万円です。

 

これで元の申請通り1300万円満額達成です。

 

そういえば、これって、政策金融公庫の新制度の下で、初のW申請成功じゃないですか?

思い出すに、怖かったなー。

東京とかだと、過去はよく政策金融公庫→保証協会

はよくやってたんだけど、逆のケースは初めてだったりします。

いまさら冷や汗が出るよ・・・。

 

よいしょ!

 

これで大手を振って報酬を請求できますね。

長かった・・・。

銀行担当者にさんざん困らせられましたが、やっと・・・


 銀行担当者が変(HEN)な人のときがあるんです。

 

今回はそんなケースの代表的な事例です。

 

1,200万円申請しました。

内訳は、運転500万円、設備700万円です。

 

中間報告として、設備700万円しか出せないと云われてしまいました。

なんと運転0円です!!!

 

びっくりしました・・・。

ええ、唖然としました・・・。

 

依頼人の取り乱し方は尋常ではなかったです。

だって設備だけ融資してもらっても、運転なきゃ営業できんですっ!!

 

私も信用問題なので、調べ上げました。

徹底的に調べ上げました。

 

その結果、判明しました。

 

銀行担当者の責任でした。

 

具体的には、こちらで作成した資料を見もしないで、いい加減に保証協会と対応していたようです。

 

私も依頼人も本気ですから、すぐに対応しました。

 

結果、減らされてしまいましたが、先日、やっと950万円成功しました。

 

これなら、なんとか追加融資の申請までの期間売り上げ実績等を出せそうです。

 

保証協会の方が面談に来た時、依頼者に云ったそうでうが、

「ひどい銀行担当者に当たっちゃったね・・・」

と同情されたそうです。

 

これが神奈川県内でなかったら、対応不可能でした。

危なかったですが、成功です!!

約1年間にわたる下準備の果て


 本日、嬉しい報告ができます。

前年の2月から足掛け約1年にわたって準備を進めてきた

融資業務で内諾が出ました

約1億2千万円のかなり大規模な融資です。

なかなか用地購入ができなかったりして、苦戦の連続でしたが、

まず、ひと山超えました!!

経済産業省H25年ものづくり補助金第一次公募結果発表


本日、常陽銀行と協力して申請していた、

お客様の

平成25年度経済産業省の補正予算の、1次公募ものづくり・商業・サービス革新事業助成金が採択されました!

嬉しいですね!

この助成金と今回請け負っている融資業務は表裏一体なので、

これでこの戦いの第一段階は突破です。

目標助成金額は1,000万円を超え、融資額は2,000万円を超える

大規模な戦いです。

わくわくします。

成功のお知らせ


本日、長い期間かかった融資業務が終了しました。

相変わらず、手強い案件が多くて困ってしまいます。

今回も「うーん」と悩んでしまうようなものでしたが、

無事成功しました。

金額は800万円でした。

良かったですね。


しかし、私には

感慨に浸っている時間なんてありません。


さて、次の案件ですね!

日時:2014年4月26日 12:05 続きを読む"成功のお知らせ"

経済産業省小規模事業者活性化補助金成功報告


嬉しい話です。

融資業務ではありませんが、

本日、表題の助成金をお客様が約1,100,000円助成されました。

R銀行さんと協力しての受給です。

順調ですね。

このお客様は創業融資で20,000,000円成功しているので、

その内、1,100,000円がキャッシュバックされたと考えればいい話だと思います。

山田

面談・ご相談は無料です!あなたの思いをお聞かせください。 お問い合わせはこちらから
実績・実例を見る

融資に関するトピックス

創業融資特化行政書士 山田行展

成功率が90%以下のコンサルタントは、未だに「運任せ」に過ぎません。
残りの10%以上のお客様からいずれ、手痛いダメージを受け、いずれこの業種から手を引くことになるでしょう。
それ以下は、偶然成功しただけで、必然じゃないのですよ。
創業融資が下りた時のお客様の喜びの声を聞くのは、何度体験しても嬉しいものです。この嬉しさを私と一緒に味わいましょう。

当事務所のご紹介

・JR関内駅北口より徒歩10分、南口より徒歩12分
・みなとみらい線馬車道駅5番出口又は7番出口より徒歩8分
・横浜市営地下鉄関内駅1番出口より徒歩7分

平日10:00~18:00 土曜14:00~18:00 0120-777-622 携帯・PHSからは045-226-2395