公庫0円のベビー用品の輸入販売業者900万円成功

 神奈川県の政策公庫で融資を失敗したといって

慌てて駆け込んできたお客様がいました。

 

資本金は100万円で、

1)創業融資が得意とHPで謳っている、

世田谷の税理士さんに顧問契約を依頼したら、会社設立専門の行政書士と融資コンサルタントを名乗る

無資格の元銀行員を紹介してもらったそうです。

 

無資格の元銀行員の融資コンサルタントの成功報酬は8%だったそうです。

 

政策金融公庫に書類を出し、面談したら

数日後、見事に0円回答をもらってしまったそうです。

 

2)お客様とお会いして、お話を伺いました。

 

私「無理。融資資格がない。0円は当然です。大変なコンサルタント集団に

引っかかってしまいましたね」

 

代表者「どうにかなりませんか!?取引先が待っているんです!」

 

私「現在、資本金はいくら残っていますか?」

代表者「10万円も残っていません・・・」

私「・・・うーん・・・」

 

私「約束はできないけど、この条件をクリアしていただければ、融資資格ができるので、

銀行に申し込んでみましょう。900万円でいいですか?」

 

代表者「はい!公庫では500万円申し込んで0円だったので、900万円なら最高です!!

    でも、手持ち10万円で900万円て可能なんですか!?・・・」

 

私「貴方が唯一、ラッキーだったのは、創業地が*****だったことです。******なら可能性がある!」

 

3)先日8月末

代表者「無事900万円満額成功しました!先生のおかげです!ありがとうございました!」

 

4)コメント

はっきり言うと、その「エセ創業融資が得意なコンサルタント」は、代表者がどういう状態かを確認するべきでした。

次に、100万円の資本金で公庫で500万円というのは、かなり厳しいです。

そのためには、代表者の財政状況が重要ですが、その状態ではありませんでした。

明らかに、銀行融資のほうが有利なケースです。

せめて資本金が70万円でも残っていれば、1,000万円狙えたのですがね・・・。

 

まあ、代表者を救えてよかった!!ぎりぎり間に合った!!

今回のひとことでしたw^^w

 

日時:2017年9月 9日 13:43
面談・ご相談は無料です!あなたの思いをお聞かせください。 お問い合わせはこちらから
実績・実例を見る

融資に関するトピックス

創業融資特化行政書士 山田行展

成功率が90%以下のコンサルタントは、未だに「運任せ」に過ぎません。
残りの10%以上のお客様からいずれ、手痛いダメージを受け、いずれこの業種から手を引くことになるでしょう。
それ以下は、偶然成功しただけで、必然じゃないのですよ。
創業融資が下りた時のお客様の喜びの声を聞くのは、何度体験しても嬉しいものです。この嬉しさを私と一緒に味わいましょう。

当事務所のご紹介

・JR関内駅北口より徒歩10分、南口より徒歩12分
・みなとみらい線馬車道駅5番出口又は7番出口より徒歩8分
・横浜市営地下鉄関内駅1番出口より徒歩7分

平日10:00~18:00 土曜14:00~18:00 0120-777-622 携帯・PHSからは045-226-2395