リフォームの個人事業、創業融資900万円成功

神奈川県の事例です。

リフォームの個人事業、

自己資金300万円、

創業融資900万円成功です^^V

 

この方は、

会社を設立しないと、創業融資を受けられないと

他のコンサルタントに云われ、当事務所に相談に来ました。

 

無事成功です。

 

私は、そのネットに蔓延している、「会社設立しないと・・・創業融資が・・・」

という阿呆な情報のことを、

「会社設立しないと呪縛」

と呼んでいます。

 

ほんと、困りますよね^^(苦笑)

とび・土工工事業、創業融資1,100万円成功、資本金150万円

無事1,100万円成功しました!

今回のケースは、会社の設立前に事前相談しに来てくれたので、

本当に助かりました。

だから、勝てました。

他の事務所で会社設立だけして、当事務所に融資のコンサルタント依頼にきてたら、

失敗していました。

(どうやら、知り合いに会社設立業者を紹介してもらう予定だったそうです・・・)

 

理由は、

代表者から個人情報を取得したとき、

「うげえっ!!(車田正美先生風)」と思わず、うめいてしまいました。

 

やっべえ!

これで会社設立して、融資申し込んでたら、

絶対、アウトだこれ!!><

 

「ありがとう、ほかの業者に事前相談しないで直接うちに来てくれてありがとう!(涙)」

すぐに、創業融資上の問題点を指摘しました。

 

あなたの場合は、

まだ会社を作ってはいけない!

会社を作る前に、2つのハードルをクリアして欲しい!!

 

かなり高いハードルでしたが、無事クリアして、当事務所に再度来所していただけました。

 

「バッチリ!(^^、勝ちましょう!

山田は、コックローチより強力です!」

 

・・・・

結果

無事満額成功です(^^V

 

まあ、こんなものですw

 

これから、公的融資機関が夏休みに入る時期が来ました。

審査に遅延が出てきます。

みなさん、余裕をもって、資金繰りを考えていきましょう。

うちの手法を真似して見事失敗した税理士・司法書士・元銀行員の事例

本日、あきれ果てた事例が来ました。

 

東京都の方で、

会社を川崎で作って政策金融公庫で融資を受けようとしたそうです。

 

そして、見事に失敗したそうです。

 

詳しく聞くと、あきれ果てました。

1)東京都の税理士で創業に強いとHPに記載

2)その提携司法書士

3)その提携元銀行員の無資格コンサルタント

 

税理士が、資本金を200万円にするように指導し、

1)元銀行員の無資格融資コンサルタントを紹介。

2)無資格融資コンサルタントは、川崎で創業すると融資を受けやすい

(どうやら、当事務所のコンサル事例を利用したらしい)といい、

川崎市内での設立を要請。

事業計画書が重要だと言って事業計画を作成。

3) 1)2)の計画をもとに、何も考えずに司法書士が設立。

4)政策金融公庫に申し込み。

5)融資失敗

6)当事務所に慌てて駆け込み。

 

もうやめてくれ!!><

 

本日面談しました。

その結果、

「論外」

いやー、素人さんは怖いね~~。

 

失敗して当たり前じゃん!!

 

理由を話したら、その方は、期待させてしまった取引先に申し訳ないといって、

消えてしまいそうになってしまいました。

 

困ったもんだ!!

 

だけどね、この融資、やりようによっては、なんとかなるんだよね・・・。

司法書士や税理士が、しっかり確認していれば、融資資格ができたんだよね・・・><

元銀行員のコンサルタントとか、報酬額10%って、なにそれ><

いやだねーーー!!

 

頼むから、初めからうちの事務所に来いよ!!

 

日本政策金融公庫との提携業者と記載しているHPの危険性に関して

最近、

Yahoo!等の検索サイトのスポンサーに、

「日本政策金融公庫との提携!」と記載のある業者を見かけます。

 

はっきり言います。

 

嘘です。

又は、その広告の存在が知られた時点で提携が解消されます。

 

本当のことを言います。

日本政策金融公庫の提携業者は、提携と名乗ることを禁止されています。

 

当然です。

だって、「公庫」なんですよ!

「提携」とか「当事務所で紹介すると有利」とか

そんなこと記載していたら、

「公庫」がその業者と「癒着していると勘違いされる!」に決まっているじゃないですか!!

 

馬鹿かそいつは!!><

 

だから、「提携」とか「協力」なんて記載しちゃいけないに決まってるでしょ!

 

仮に本当に、公庫と「提携」又は「協力」していたら、それこそHPで声高々に謳いあげません><

当たり前でしょ!!

まずいでしょ、それ!!

 

嘘に引っかからないでください(^^ノ。

 

本当の公庫の提携業者は、「提携している」なんて絶対!

不特定多数の人間が目にしているHPに書きません!!(キッパリ)

ソフトウェア開発費用1,000万円成功

大変でした。

ソフトウェア開発費用1,000万円成功です。

 

1)創業1年未満ですが、

2)一応第1期の決算を

迎えていたのですが、売上高が・・・・100万円未満・・・><

 

さて!

 

そもそも

1)この融資に助力する価値があるか

2)ソフトウェアに市場性があるか

3)社会的に貢献できるソフトウェアか

4)開発可能性があるか

5)新たな雇用を生み出すか

6)投下資金の回収可能性はあるのか

etc.

売上高が低いということは、

何かの利点を前面に押し出す必要があります。

 

本来、これは創業融資の目的とは少し違います。

私たち国家資格者のコンサルタントとしては、

第一に、国に対する職業倫理があります。

 

これが重要です。

 

正直、例えば私レベルは、かなり強力です。

はっきり言うと、「コックローチより強力なコンサルント」それが山田です。

 

それだからこそ、

職業倫理が重要です。

 

私は、融資すりゃいいってもんじゃない。

そのような姿勢で、この仕事をやっています。

 

今回でいうと、

そのソフトウェアは、

「私も欲しい!」と感じられるソフトウェアで、

社会貢献性が高いと認識しました。

 

だから、かなり難しい道程なのは、覚悟していましたが、

代表者ともども、挑戦しました!

 

結果

 

1,000万円成功!!(^^V

 

まあ、こんなものです。

ただ、今回のようなケースは、職業倫理上の問題として、

個人的にアフターケアの対象にするべきです。

 

適度にそのソフトウェアが開発成功したか、販売状況はどうかの

モニタリングを定期的に行うべきだと感じています。

 

大切なことです。

 

 

 

ドリームゲート・・・何考えてんだか・・・

私は、ドリームゲートが嫌いです。

なんか、むやみやたらに起業を煽(あお)る風潮が嫌いです。

メインとなって活動している、中小企業診断士とITアドバイザーなる者がガンです。

特集記事が、金儲け主義的で、凄く吐き気がします。

金儲けすんなよ!

 

今回も、事業計画の書き方なる講座の広告をしていました。

 

なんというかさー。

 

創業融資じゃないよねー。

 

創業融資はさー、このHPでも述べているけど、

「事業計画なんてありゃいいんだよ!」

だから、「書き方もへったくれもないんだよ!」

 

それを1回何千円か取って、講習開くなんて、

しかも、国家資格者でないアドバイザーなる者が・・・

 

ありえねー。

 

事業計画書の書き方くらいだったら、俺が暇なときだったら、うちの事務所くれば、

タダで教えてやるさね・・・。

 

あんなもん、遊びで書けるべ。

 

事業計画で創業融資成功するんなら、

 

楽でいいべw

 

あははw

ここ最近、手ごわいのばっかりですが・・・

手強いですね!

現金商売のお客様なので、大変です。

せめてもっと足跡つけてくれてたら・・・。

 

ふーーーっ!!

 

やっと成功です。

難航したなあっ!!

 

まあ、こんなものです^^V

 

無事400万円成功です。

 

そろそろ、数件の結果も出るでしょうw

 

山田事務所は、絶対100%堅持なのです・・・><

100%と歌っていながら、HPの新をすぐしなくなるような事務所とレベルも年季もが違うのです。

 

GW明けから、延々と、建設業の許可や、解体業の登録や、建築士事務所の登録や、

産業廃棄物の収集運搬の許可と、気付くと10件ほどをたった20日前後ではしごしたので、

 

息も絶え絶えです><

 

許可は、融資の前提なので、来たら、引き受けるしかありません。

 

ありがたい話です。

 

もう、グロッキーです・・・><

 

今日も、まだまだ仕事です。

明日、納品の創業計画書を書かないと・・・(涙)

 

経営者とは、「サイテーの労働者」に他ならないのです(TT)

 

ぐっすん。

面談・ご相談は無料です!あなたの思いをお聞かせください。 お問い合わせはこちらから
実績・実例を見る

融資に関するトピックス

創業融資特化行政書士 山田行展

成功率が90%以下のコンサルタントは、未だに「運任せ」に過ぎません。
残りの10%以上のお客様からいずれ、手痛いダメージを受け、いずれこの業種から手を引くことになるでしょう。
それ以下は、偶然成功しただけで、必然じゃないのですよ。
創業融資が下りた時のお客様の喜びの声を聞くのは、何度体験しても嬉しいものです。この嬉しさを私と一緒に味わいましょう。

当事務所のご紹介

・JR関内駅北口より徒歩10分、南口より徒歩12分
・みなとみらい線馬車道駅5番出口又は7番出口より徒歩8分
・横浜市営地下鉄関内駅1番出口より徒歩7分

平日10:00~18:00 土曜14:00~18:00 0120-777-622 携帯・PHSからは045-226-2395